Matterport | ホーム

[ホーム用] カテゴリー

    • Recent Articles

    • 暗い環境のための照明器具

      復元の目的でスキャンするプロパティは、多くの場合、暗くて暗い環境になる傾向があります。 これは、災害後、ユーティリティが遮断されたり、窓が塞がれたりするためです。 窓を開けることは役に立ちますが 、日光に問題を引き起こす可能性があります。 代わりに、一部のお客様は 、 カメラの上部に人工照明を取り付けることに大きな成功を収めています。  オプション1   LitraTorch800ルーメン 2つのライトを購入する シングルライトで79.95ドル 充電式バッテリーは4時間持続します 800ルーメン ...
    • よくある質問:MatterportE57ファイル

      E57ファイルとMatterpakの違いは何ですか? Matterpakバンドルは、いくつかのコンポーネント (色付きの点群、反射天井平面図、高解像度平面図、および2Dメッシュファイル)で 構成されています。 E57ファイルは、高密度のカラー化された点群を含む単一のファイルです。 E57ポイントクラウドは、Matterpakよりもはるかに大きなデータセットを処理するため、 Matterpakから得られる詳細の約20倍になります。 E57はベンダーに依存しないファイル形式であり、 ...
    • MatterportE57ファイルの概要

      Matterport E57ファイルには、Matterportスペース内の すべてのスキャン位置の高密度ポイントクラウドが含まれています。 これには、各スキャン位置からの点群、パノラマ画像、 およびメタデータが含まれています。 ファイル形式.E57は、ASTM E2807規格で定義されている、 ベンダーに依存しないコンパクトなポイントクラウド形式です。 このフォーマットは、ほとんどの3Dデザインアプリケーションで広く採用されているため、 ...
    • MatterportCaptureでインポート機能を使用する方法

      インポート機能を使用すると、iOSデバイスにジョブを簡単にインポートできます。 以前は、この種のアクティビティには サードパーティのデスクトップソフトウェアツールが必要でしたが、 内部ファイル構造はユーザーが編集できるように設計されていなかったため、 エラーが発生する可能性がありました。 注:開始する前に、クラウドストレージサービスアプリが既にインストールされている必要があります。  iOSとAndroidのキャプチャアプリは異なるファイル構造を使用します。 ...
    • MatterportCaptureでエクスポート機能を使用する方法

      エクスポート機能を使用すると、iOSまたはAndroidデバイスで ジョブを簡単にエクスポートおよびインポートできます。 iOSでこの機能を使用するには、Captureアプリのバージョン4.0.5以降を使用している必要があります。 Androidでは、バージョン1.1以降を使用する必要があります。 エクスポート機能を使用する理由はいくつかあります。 ・スキャンしたジョブを別のデバイスに移動する ・新しいジョブに対応するためにデバイスのスペースを解放する ...
    • Popular Articles

    • MATTERPORTとLEICABLK360の統合

      最終更新日:2021年9月22日 仕組みは以下の通りです。 1.Leica BLK360とMatterport Captureアプリを使用して、1つのユニークなMatterportモデルを作成します。 スキャンは、Matterport Pro/Pro2とLeica BLK360のどちらに慣れているかに関わらず簡単です。 2.モデルをMatterport Cloud(my.matterport.com)にアップロードして処理します。 ...
    • Matterport VR for iPhoneアプリの公式サポートの終了

      最終更新日:2021年3月23日(火) 00:48 Matterport VR for iPhoneアプリの公式サポートは終了しました。 このアプリの動作に必要なAPIは、Appleによってサポートされなくなりました。 そのため、iOS用のMatterport VRアプリをApp storeから削除しました。 以前にアプリをダウンロードした場合、古いiOSバージョンでは動作するかもしれませんが、 iOS 14以降では動作しません。 ...
    • 3.BLK360を使ったスキャンの準備

      最終更新日:2020年11月7日 05:45 BLK360のセットアップ まず三脚を希望の高さに設定します。  通常のスキャンでは、目線の高さ(約66インチまたは1.6 m)を推奨します。 撮影目的が3Dショーケースによるバーチャルツアー体験である場合は、 現場をスキャンしている間、カメラの目線を保ってください。 エンドユーザー(バーチャルツアーのゲスト)にとって、 視点の高さが変わってしまう事はよくありません。 撮影目的が高品質のポイント群を作る事である場合は、 ...
    • MATTERTAG(マタータグ)投稿を作成する

      Mattertag(タグ)投稿は3Dモデルに関連した特徴を宣伝したり、付加的な詳細を提供しることに加え、 基本的に3Dモデルの異なる側面に関連したコンテキストを加える上で優れた方法です。 この中では、Mattertag投稿を作成するプロセスを説明すると共に、 それらを分類して、仮想環境において公開する方法をご紹介します。 マタータグはバーチャルリアリティ(VR)と互換性がないため、 VRでスペースを表示したときに表示されないことに注意してください。 方法 Mattertag(タグ)投稿を作成する ...
    • 階段と複数のフロアをスキャンする

      最終更新日:2021年06月02日 03:28  複数のフロアがある施設をスキャンする場合は、Captureの「フロア」機能を使用して、 個々のフロアにラベルを付けて分離し、よりシームレスでナビゲートしやすい ショーケースを作成できます。   スキャンプロセスは、施設の最下階から順番に上に行くと、大幅に簡単になります。  複数のフロアをスキャンする   1.      階段の下でスキャンしてください。 2.      カメラを数段上の階段に移動してください(約1.5m以内)。 o    ...