ワークショップ内で2Dスナップショットを撮影するための最も効果的な方法

ワークショップ内で2Dスナップショットを撮影するための最も効果的な方法

最終更新日:2020年6月28日 17:31

始める前に


マーターポートワークショップ内で2Dスナップショットを撮影してダウンロードする方法を学習する上で、

下記のヘルプセンターからの記事を参照して下さい:

 

1.         写真や2Dスナップショットの撮影

 

2.         2Dスナップショットのダウンロード


方法

垂直線と水平線を真っ直ぐに保つ



 

2Dスナップショットを撮影する際に、垂直線と水平線の全てが平行であるべきだという点を覚えておきましょう。

線が斜めに捉えられてしまうと、画像が全体的に傾いてしまったり、
歪んでいるような印象を与えてしまい、顧客が画像の精度を視覚的に理解しにくくなってしまいます。
さらに、平行な線で構成されていないスナップショットは、単純に言って魅力に欠けます。
下の2枚の写真をご覧下さい。

 


 

視点が、下向きの角度であるため、テーブルの脚部、窓、また暖炉における線が、

斜めに先細りになっていく様子が伺えます。

 


 

ここで見られる線はもっと直線です。

仮想カメラを目の高さの視点に設定するだけで簡単に改善できます。

 

スナップショットを撮影する際に、次の方法を踏まえて、

線が真っ直ぐ(平行)になるようにしましょう。

 

1.      窓、柱、壁の縁部、家具の縁部に注目します。

〇これらの線は、写真が対称的になるようにする上で、基準点としての役割を果たします。

上の写真で見られる青色の線を参考にして下さい。

 

2.      矢印キーを使って撮影する高さを維持します。

〇仮想空間の中ではクリック&ドラッグすることで簡単に移動できるとは言え、矢印キーを

使うことで、スナップショットの位置決めを行う上でより正確にコントロールできるよう

になります。クリックして希望する大まかな位置を見つけてから、矢印キーを用いて精度

を高めていきます。

 

3.      3Dスキャン数値を用いて、画像の高さを一定に保ちます。

〇水準点に戻る際に、ツールメニューのスキャン部分に注目しましょう。これらの3D

スキャン点のいずれかを選択することで、カメラは水準点に戻ります。希望する見晴らし

の良い場所に最も近い場所でスキャン点を選択した後に、矢印キーを使って細かい調整を

加えることをお勧めします。

  

スキャン位置を無効にする



 

3Dスキャンには様々な実用性があるとはいえ、注意を引きつけるようなスナップショットを撮影する上で、

その全ての機能が役立つわけではありません。
実際のところ、3Dスキャンの多くは、目の高さに合っていない環境や、
斜めの線が存在する空間において、若干微妙な画を作成してしまうことがあります。
スナップショットを撮影する際に、次のような種類の3Dスキャンの使用は控えましょう。

 

1.         角部のスキャン撮影。

〇これは画像に歪んだ、閉所的な印象を与えてしまいます。

 

2.         目の高さより下からのスキャン撮影。

〇高さの変化(1つのスキャン画像が地面から3フィート上空にあり、別のスキャン画像が

地面から5フィート上空にあるといったような感じ)が存在すると、仮想ツアーを通じて、

画像の焦点が頻繁に変化するため、閲覧者に不自然な印象を与えてしまいます。

 

3.         多すぎるスキャン画像。

〇スキャン画像が多すぎると、仮想環境内で過ごす時間が長引いてしまい、問題が生じる

場合があります。

 

幸いにも、2Dスナップショットを撮影する際に、問題を含むスキャン画像を一時的に削除したり、

「非表示」にする機能があります。
画像を非表示にすることに関して詳しくは下記ナレッジベースを参照して下さい。
ナレッジベース参照: 余分なスキャンを隠す方法



 

印刷情報



印刷する前に、ワークショップ内からスナップショットをダウンロードする必要があります。


もし印刷目的のために画像が保存されているのであれば、

「最大画素」を必ず選択しましょう。
これにより、必要に応じて、大きく印刷したい場合に、最大解像度で印刷することができます。
2Dスナップショットの大きさや印刷情報についての詳しい情報は下記ナレッジベースを参照して下さい。


    • Related Articles

    • マーターポートクラウド、ワークショップ、3Dショーケースとは?

      最終更新日:2020年11月21日 03:18 空間をスキャンした後に、3Dモデルを管理、編集および視聴する上で、 マーターポートは3つのツールを提供します。 マーターポートクラウド マーターポートクラウド(my.matteport.com)は、マーターポートによる3Dモデルをホストして 管理するためのウェブポータルです。 マーターポートクラウド上から、3Dモデルの名前の変更やフォルダー内での管理、 また詳細な統計値を取得したり、コラボレータを招待することに加え、 ...
    • モデルのプレビューとキャプチャ内での修正方法

       最初にマーターポートクラウド内から、モデルに関連するスペース詳細ページを開きます。 下記の画像で表示されている、 3 つの注釈付き部分を見ていきます。   スペース詳細ページ     Collaborators:このスペースにアクセスできるコラボレーターを確認します   Share :モデル共有をロックおよびロック解除し、埋め込みコードを取得する ー スペースを公開する方法 More:スペースを別のフォルダーに移動するか、別のアカウントに転送するか、           完全に削除します   ...
    • URLパラメーター

      最終更新日:2020年11月02日 23:20 初めに URLパラメータは、3Dショーケースの動作をカスタマイズしたり、 微調整したりすることができます。 同じMatterportモデルでも、共有するリンクによって異なる動作をさせたい場合は、 URLパラメータを使用してください。 URLパラメータを使ったカスタマイズは、ワークショップで行った変更と混同しないようにしてください。 例えば、通常の完全にブランド化されたモデルのバージョンを ...
    • 360°スナップショットをダウンロードする

      最終更新日:2021年4月10日 06:17 この中では、マーターポート・ワークショップ内で360スナップショットを 撮影してダウンロードする方法に加え、3D画像をFacebookでシェアする方法をご説明します。   始める前に   学習する前に、コンピューターのファイル内にダウンロードした後に、 360°スナップショットがどのように表示されるのかを見てみましょう。 下記を参照して下さい。     画像が変に歪んでいることに気付かれるはずです。 これは普通のことなので心配無用です。 ...
    • 2Dスナップショットのサイズ選択および印刷情報

      最終更新日:2020年08月07日 11:44 マーターポートクラウドから複数の2Dスナップショットをダウンロードする際に、 3つのサイズから選択することが可能です。 ダウンロードサイズ 画素 ファイルサイズ インターネット対応型 インターネット用には中間程度の大きさの画像が適切です。 1280×720 約150KB プレゼンテーション対応型 デジタル用途には、高解像度の画像が適切です。 1920×1080 約200KB 最大画素 印刷物※の場合には最大画像が良いでしょう。 ...