組織間でスペースを転送する

組織間でスペースを転送する

Matterportの組織間でスペースを転送できるようになりました(異なる請求先アカウントの場合)
スペースの転送は、以下に該当する場合に最適です。
 
・自社のMatterport組織でスペースをホストしたい顧客を抱えているサービスパートナー
・スペースを外部の顧客に引き渡す前に、内部ですべての処理を行うサービスパートナー
・ 複数の組織のメンバーであり、誤って違う組織にアップロードしたユーザー
 
スペースを譲渡すると、そのスペースはあなたのアカウントにはなくなります。
アカウントにコピーを残しておきたい場合は、スペースのコピーを作成してください。

重要な注意事項



会社や部門の誰かにスペースを見てもらいたい、または編集してもらいたいだけの場合は、
その人を共同編集者として追加しましょう。
次に、特定のスペースへの閲覧専用または編集者の権限を付与します。
 
請求
スペースがアップロードされる際に、スペースの元の所有者(提供者)に対してスペース処理料金が発生します。
提供者から受信者への転送プロセスは無料であり、提供者および受信者に費用はかかりません。
 
ホスティングの制限
転送されたスペースは、受信者のアカウントのホスティング制限にカウントされます。
アカウント所有者または請求連絡先は、my.matterport.com / settingsで現在のホスティングを確認できます。
すべてのプランとアップグレードを見ることができます。
ホスティングの超過と制限の詳細をご覧ください。

アドオン
スペースを転送すると、そのスペースのアドオンも一緒に転送されます。
特定のアドオンを注文できないアカウントにスペースを転送する場合、
受信側のアカウントはアドオンにアクセスできません。
たとえば、BIM ファイルを含むスペースを Professional アカウントから Starter アカウントに転送するとします。
スターター アカウントは BIM ファイルを注文できないため、
スターター アカウントがスペースを受け取ると、BIM ファイルにアクセスできなくなります。
そのファイルを送信する場合は、スペースを転送する前にダウンロードし、
電子メールまたは別のメカニズムでその人に送信します。
 
法的問題
スペースを転送すると、そのスペースはアカウントに存在しなくなり、
将来的にそのスペースを制御できなくなります。
法的問題の詳細については、クラウド契約書をお読みください。

Pro3 スキャンの転送
Pro2と同様に、上位アカウントからPro3モデルをStarterアカウントに移行することができます。
Pro3モデルをクラシックアカウントに移行することはできません。
Pro3モデルを無料アカウントに移行することはできません。

どのカメラでどのプランが使用できるかの完全なリストは、
サブスクリプションプラン (英語:メーカー記事)の記事を参照してください。
 
フリー&スターターアカウント
スペースは、Proアカウントからフリーまたはスターターアカウントに転送できます。
たとえば、Proアカウントは、施設をキャプチャして、自分のアカウントにアップロードして処理します。

その後、不動産所有者はフリーまたはスターターアカウントを取得して、
長期にわたってモデルをホストできます。
最後に、撮影者はスペースを Matterport アカウントから不動産所有者のアカウントに転送します。

スペースをフリーアカウントに転送すると、そのスペースは自動的に非公開として設定されます。
これは、フリーアカウントのスペースは一般に共有できないためです。
 
ただし、スペースをフリーまたはスターターアカウントから
Proアカウントに転送することはできません。
これは、ユーザーがフリーアカウントにアップロードして、
処理料金を回避するために転送することによる悪用を防ぐためです。

クラシックアカウント
クラシックアカウントから、その他の有料プランアカウント (クラシックまたはニュー) に空間を移行できます。

ただし、2021 年 1 月 31 日より、ニュープランアカウントから
クラシックプランアカウントへの移行ができなくなります。
 クラシックプランのユーザーに空間を移行する場合は、
クラシックアカウントの所有者に移行リクエストメールが届きますが、
そのメールには、移行は許可されず、移行承認のためにニュープランの
いずれかにアップグレードするよう求めるメッセージが記載されています。

アクティブアカウント
空間を移行するには、アカウントがアクティブである必要があります。
キャンセルされたアカウントから空間を移行することはできません。
移行する必要がある場合は、プロフェッショナルプラン以上のアカウントを再度アクティブ化します。

概要
スペースの転送には、3つの簡単なステップを行います:
 
・元の所有者(提供者)は、Matterport Cloud(my.matterport.com)からの転送を開始します。
Matterport Cloudは、受信者に通知する自動メールを送信します。

・受信者はメールを開いてログインします。
スペースの詳細を確認し、必要に応じて許可します。

・Matterport Cloudは、転送が成功したことを通知するメールを、提供者に送信します。
 
転送を開始できるのは管理者だけです(提供者)
ただし、組織内の任意の共同編集者を受信者にすることができます。
 
 一度に転送できるスペースは1つだけです。

提供者がスペースの転送を開始する
Matterport Cloud(my.matterport.com)を開きます。
転送するスペースを見つけて開きます。
 
スペースを転送するには、管理者である必要があります。


 
【・・・】メニューを開いてから、【スペースを移転】をクリックします。
受信者のメールアドレスを入力して、【移転】を選択します。

 


受信者は、Matterport Cloudから転送リクエストを通知する自動メールを受信します。
招待がまだ保留中の間、編集者アクセス権を持つユーザーは次のことができます。
 
1.受信者が電子メールを見つけられなかった場合は、招待状を再送信します。
2.メールアドレスを間違えて招待した場合は、スペースを正しいメールに転送するだけで、
元の招待を取り消すことができます。

受信者がスペースを許可する
受信者は自動メールのリンクをクリックします。
まだログインしていない場合は、Matterport Cloud(my.matterport.com)にログインします。
 
次に、受信者はスペースをプレビューして、許可してもよいかどうかを確認できます。
【NEXT】をクリックして続行します。

 
受信者が複数のMatterport組織の一員である場合、スペースをどの組織に移動するかを選択できます。
 【ACCEPT】をクリックして、転送を完了します。



その後、Matterport Cloudは自動的に提供者にメールを送信し、
スペース転送が成功したことを通知します。


    • Related Articles

    • クラシッククラウドプランの価格表

      最終更新日:2021年9月22日 この情報は、2019年5月9日より前にサインアップしたお客様向けの クラシッククラウドプランに関するものです。 現在のクラウドプランについては、価格表をご覧ください。 この記事では、Matterportカメラ、クラウドプラン、 および追加機能の料金体系と請求について説明します。  請求の仕組みをご覧ください。 サブスクリプション価格 クラウドホスティング料金は月初めに請求され、その月のホスティングをカバーします。  ...