1つのログインで複数の組織へ

1つのログインで複数の組織へ

さまざまなメールでMatterport Cloud(my.matterport.com)にログインしていますか?
これらのメールの1つを選択して、プロファイルを統合することにより、
複数の組織にわたって3Dスペースをアップロード、投稿、編集、および管理できます。
 
アカウントとも呼ばれる Matterport Cloud の組織は、1 つの請求先アカウントにリンクされています。
各組織には、さまざまなレベルのアクセス権を持つ多くのユーザーと共同作業者がいます。
この機能を使用すると、1 つのメール アドレスとパスワードを使用して、
連携しているさまざまな組織すべてにログインできます。

この機能を使用する利点

1.ユーザーは複数のMatterportメールログインを1つに統合できます。
・Matterport Cloud(my.matterport.com)からサインアウトし、
別のユーザーとして再度サインインする必要はありません。

・Matterport Cloud内から、複数の組織を簡単に切り替えて、
あなたが権限をもつさまざまな3Dスペースにアクセスできます。

・ Matterport アプリから、アップロード先の組織を簡単に選択できます。
 
2.管理者は、共同編集者が所属する組織に関係なく、任意のメールを
共同編集者として招待できます。
・「このユーザーは既に存在します」というエラーは表示されなくなります。
・共同編集者用にjames+org1@example.comなどのメールエイリアス
を作成する必要がなくなります。
 
3.これにより、次のようなMatterportのお客様のワークフローが改善されます。
・MSP( Matterportサービスプロバイダー)とその顧客
・大規模で複雑な組織と企業
・ホスティング専用アカウントと、それらを所有、投稿、および保持する人
 
4.2つの異なるユーザーのプロファイルを統合することはできません。
・プロファイルの統合とは、あなた自身のプロファイルを統合して、
複数の組織にアクセスするためにログインする
1つの電子メールアドレスのみを使用することです。

たとえば、多くの異なる顧客をスキャンするMSPを想像してみてください。
MSPがすべてを処理するので、スペースが1つまたは2つしかない顧客の場合は問題ありません。

ただし、多くのスペースを持つ顧客の場合は、より多くの管理を必要とするので、
彼ら独自のホスティング専用アカウントを必要とします。

この場合、MSPは、一つの電子メールを使ってログインし、
自分の組織と顧客の組織の両方のスペースにアクセスすることができます。
 

Ⅰ複数のプロファイルを1つに統合する 

この機能を十分に活用するには、
最初に複数のプロファイルを(個々のユーザーの電子メールログイン情報を含む)、
1つのプロファイルに統合する必要があります。

1.Matterport Cloud(my.matterport.com)にサインインします。
・一次ログインは、他の組織からの二次ログインを併合します。
・通常、一次ログインには最も単純なメールアドレス(james@example.com)があり、
二次リログインにはメールエイリアス(james+ort1@example.com)があります。

2.画面左下に表示されているユーザー名をクリックし、〈マイプロフィール〉を選択します。



3. 【プロフィールを統合】項目の〈マージ〉をクリックします。


4.二次ログイン用のメールアドレスとパスワードを入力してください。


・これにより、二次ログイン情報が消え、一次ログインに統合されます。
・共有ログインまたはチームログイン(marketingteam@example.comなど)を
組み合わせないことをお勧めします。
 
5.プロフィールを統合することを確認します。
この操作は元に戻せないため、慎重に確認してください。



7.組織を切り替えるには、ユーザー名の横にあるアイコンをクリックします。
 


Ⅱ組織のサムネイルと名前をカスタマイズする

管理者はプロファイルアイコン(色と名前の最初の2文字)をカスタマイズして、
組織のケイデンスに合わせることができます。
これを行うには、以下の手順に従ってください。
 
 
1.My.matterport.com/settingsに移動します。
2.【Account(アカウント)】ドロップダウンから【Manage(管理)】をクリックします。

3.【EDIT(編集)】ボタンをクリックします。
・ここで入力した名前によって、プロフィールのサムネイルに表示される
2つの省略された文字が決まります。
・名前が1つの単語の場合:略語は単語の最初の2文字になります
(「Lester3DMSP」は「Le」の文字が表示されます)。
・名前が2語以上の場合:省略形では、最初の2語の最初の文字を使用します
(「Testing Account Name」では文字「Ta」が表示されます)。
 
4.色付きのアイコンをクリックして、新しい色を選択します。

5.青い[保存]ボタンをクリックします。

ⅢCaptureから複数の組織にアップロードする

以下の手順に従って、Matterportアプリから複数の組織に
Matterportスキャンを、直接アップロードします。

1.Matterport アプリを最新バージョンに更新します。
2.Matterport アプリを開き、通常どおりサインインします。
3.UIの左上にある[その他]アイコンをタップします。
4.ユーザー名をタップします。
5.表示されるメニューで、[組織]ラベルの下に表示されている組織をクリックします。
 IMG_0113_sm.png

・これにより、Matterportクラウドで現在所属しているすべての組織が開きます。
 
6.モデルをアップロードする組織を選択します。
7.Matterportアプリのホーム画面に戻ります。
8.新しい組織に追加するモデルを再アップロードします。