スペースを公開する方法

スペースを公開する方法

デフォルト設定で、マーターポート空間はプライベート設定になっています。

つまり、スペースの共同編集者以外の誰もショーケースにアクセスできません。 

 

無料プランを使用しており、360°カメラを使用してモデルをスキャンした場合、
共有することはできません。

スタータープランにアップグレードして共有しましょう。


マーターポート3D空間を公開(リンクを持っている人全員に対して利用可能)するには、
編集ボタンの横にある共有ボタンをクリックします。

 

 

共有と招待のオプションが表示されたポップアップダイアログボックスが表示されます。


プライベートになっているスペースは、Matterport Cloud にログインしている人だけが見ることができます。
具体的には、スペースをアップロードした人、アカウント管理者、
そしてこのスペースの閲覧/編集に招待した他のコラボレーターが含まれます。
セキュリティレベルを上げるには、スペースをプライベートにし、
"コラボレーターに制限 (restricted to collaborators)"オプションを使用して、
必要に応じてコラボレーターを招待して閲覧することができます。


 スペースは「パスワードで保護(Password Protected)」することができます。
パスワードで保護されたスペースは、リンクを持ち、
パスワードを知っている人であれば誰でも閲覧することができます。
スペースにパスワードを設定する方法は、こちらをご覧ください。


非掲載(Unlisted)を選択すると、不動産サイトにコンテンツを配信するアドオンサービスを含め、
リンク先で誰でもあなたのスペースを閲覧できるようになります。
非掲載スペースのURLは、そのURLを持っている人であれば
誰でも共有、再共有することができます。
また、Webサイトに埋め込むこともできます。
(埋め込みスペースについては、以下をご参照ください。)

次の設定「公開」は、アカウント設定で公開を有効にしていない場合、グレーアウトしています。
 

"公開 (Public)"は、非掲載と同様に発見しやすい利点がありますが、
Matterport の Discover サイトに SEO フレンドリーなページが作成されます。
共有ダイアログ内の「ページを見る」リンクをクリックすると、
あなたのページを見ることができます。
インターネット上の誰もが Matterport Discover でページを見ることができ、
スペースページも検索エンジンにクロールされます。

最良の結果を得るには、[スペースの詳細]タブの情報を確認して、
タイトル、説明、住所、キーワードなどのメタデータがスペースを
正確に表現していることを確認してください。 

公開共有ページを作成することにより、お客様は、
お客様のアカウントで管理されているスペースについて、
ビジネス上の正当性があることを認めるものとします。
スペース自体および提供されたスペースの詳細は、
このプライバシー設定の意図するところにより、発見可能かつ公開されることになります。 

Matterport Discover は、リンクを提供することなく、スペースを一般に共有する方法です。
基本的に、Matterport Discover は Matterport gallery の進化版で、
その状態で共有したスペースを人々が見ることができるようにするものです。

これは、特にレストラン、ホテル、美術館などの施設の
マーケティング活用に最適です。

あなたのスペースをディスカバーから削除するには、
プライバシー設定を「公開」以外にしてください。

このオプションを使用しないようにするには、
アカウント管理者が[アカウント設定]に移動し、
スイッチを左に移動してオプションを無効にすることができます。  



このオプションがアカウントレベルで無効になっており
個々のスペースの共有設定でパブリックオプションがグレー表示されている場合:

ショーケースのリンクの取得

ショーケースのリンクを取得するには、
「リンクをコピーする」をクリックしてください。
その後、そのリンクを誰とでも共有したり、
ウェブサイトに追加するために埋め込みをコピーすることができます。
オプションをクリックすると、ブランド版、非ブランド版、MLS版が表示されます。
詳細については、以下を参照してください。



公開されているスペースがアーカイブされている場合、
ショーケースを見ようとするとエラーが表示され、
モデルがアクティブになるまで見ることができません。

検索エンジンの可視性の観点から、my.matterport.comドメインはインデックスされていません。
つまり、あなたが作成したMatterportスペースは、
デフォルトでは検索エンジンの検索結果には表示されません。
しかし、Matterport Spaceを<iframe>タグに埋め込んだり、
ウェブページにリンクを貼ったりすると、Googleがそのページをクロールしたときに、
そのリンクを認識してインデックスに追加します。

Matterportは許可なしに、皆さんの公共空間を第三者と共有することはしません。

公共空間へのリンクを持っているか、ウェブサイト内にそれが埋め込まれている場合にのみ、
そこへアクセスすることが可能です。
 

VR共有とソーシャルシェアリング設定



「VR共有を有効にする」と「ソーシャル共有を許可する」オプションは、
クラウドアカウントのスペース一覧の「詳細」タブで確認できます。
ナレッジベース参照: 詳細を編集する(メタデータ)


共有するバージョンを選択する




3つの異なるマーターポート空間を共有できます:

 

1. ブランデッド

〇公開する全ての詳細を表示します。これは一般的に共有するバージョンです。

 

2. 非ブランデッド

〇「Presented by」と、コンタクト情報を非表示にします。

 

3. MLS-Ready

〇外部リンクに関するMLS(不動産に関するマルチリスティングサービス)規則に遵守します。

ブランディングや、MattertagTM投稿内のリンク、またVRを削除します。

 

スペースをパスワードによって保護することが可能です。

スペース上でパスワードを設定する方法を知りたい場合には、下記ナレッジベースを参照下さい。



ソーシャルメディアへの投稿



FacebookやTwitterといったソーシャルメディアへ投稿する場合には:

 

1.         マーターポートクラウドから共有リンク(URL)をコピーします。

 

2. 新規投稿を作成した際に、リンクを貼り付けます

 

Zillowや別のMLSサイトへ投稿する



それぞれのサイトにおいてガイドラインは存在しますが、マーターポートは一般的にMLS遵守バージョンを使用することを推奨しています

大半のサイトにおいて、共有リンク(URL)をVirtual Tourというフィールドに貼り付けるだけです

 

その他に質問があれば、投稿先のウェブサイトに確認下さい。


ブログやウェブサイトに埋め込む



埋め込むには、HTMLコードについての知識がいくらか必要になります。

一般的なステップは:

 

1.         マーターポートから埋め込みコードをコピーする

 

2.         所望の投稿/ページからHTMLコードを開く

 

3. 埋め込みコードを所望の位置に貼り付ける

 



    • Related Articles

    • MATTERタグでディープリンクを使用する

      「ディープリンク」を使用すると、3Dモデルのどこ からでもMattertagへのリンクを追加できます。 たとえば、ユーザーを階段の下から上に(手動で作成せずに)移動したい場合に便利です。)。  スペースのMLS対応バージョンを共有する場合、ディープリンクを含むMattertags内の すべてのリンクが削除されることに注意してください。 詳細については、  「スペースを公開する方法」の 記事を参照してください。 方法 方法1   1.ディープリンクを作成したいモデルを開きます。   ...
    • モデルのプレビューとキャプチャ内での修正方法

       最初にマーターポートクラウド内から、モデルに関連するスペース詳細ページを開きます。 下記の画像で表示されている、 3 つの注釈付き部分を見ていきます。   スペース詳細ページ     Collaborators:このスペースにアクセスできるコラボレーターを確認します   Share :モデル共有をロックおよびロック解除し、埋め込みコードを取得する ー スペースを公開する方法 More:スペースを別のフォルダーに移動するか、別のアカウントに転送するか、           完全に削除します   ...
    • 手動ぼかしブラシの使い方

      最終更新日: 2021年12月2日 始める前に パノラマ写真に手動でブラーを適用するこの機能は、 現在オープンベータ版であることに注意してください。 つまり、この機能は広く利用可能ですが、 バグや正常に動作しない可能性が高いということです。 問題点や一般的なご意見をお待ちしています。 お手数ですが、サポートチームまでご連絡ください。 my.matterport.comの「Settings(設定)」→「Manage(管理)」で、 管理者がアカウントのBlur Blushを有効にする必要があります。 ...
    • Matterport アプリでモデルを復元、表示、編集する

      この記事では、現在 iOS バージョン 5.0 および Android バージョン 2.0 で利用可能な Matterport アプリ (以前は Capture と呼ばれていました) の新機能について説明します。 新着情報 Captureアプリは、単にキャプチャするだけではありません。 Matterportアプリと呼ばれるようになり、スキャンだけでなく、 加工した空間のクラウドベースでのビュー、編集、管理にも利用できるようになりました。 ...