Matterportスペースにタグを追加する

Matterportスペースにタグを追加する

タグを使用して、機能を呼び出し、追加の詳細を提供し、
Matterport スペースのさまざまな側面にコンテキストを追加します。
タグは、スペースのストーリーを伝えるのに役立ち、訪問者に必要な情報を提供します。

タグには、次のようないくつかの利点があります。

・より多くのテキストを追加でき、視聴者がコンテンツを読みやすくする広い表示領域。
・視聴者がタグ表示をサイドバーにドッキングする機能。
・プレイリスト形式なので、視聴者はタグを好きな順序で見ることができます。
・ファイルを添付できるため、閲覧者とより多くの情報を共有できます。


次の記事にも興味があるかもしれません。

マルチメディアをタグに追加して、訪問者の画像、オーディオ、およびビデオを表示します。 
ディープ リンクを作成して使用し、訪問者をスペース内の特定の場所に誘導したり、2 つのスペースをリンクしたりします。

タグの仕組み



スペースへの訪問者は、タグをクリックして、そこに含まれる情報を確認できます。
また、次のこともできます。

・画像をクリックすると大きく表示されます。
・[さらに表示] または [ドック] をクリックして、コンテンツをサイドバーに移動します。
・< または > インジケータをクリックして、前または次のタグに移動します。
これにより、訪問者は 3D モデル内のタグの正確な位置に自動的に移動します。 
・サイドバーが開いている場合、これらのインジケーターはサイドバーの上部に表示されます。 
・サイドバーが閉じている場合、タグが選択されていると、スペースの上部中央にインジケーターが表示されます。
・ポップアップ ウィンドウ内をスクロールして、さらにテキストを表示します。

タグはバーチャル リアリティ (VR) と互換性がないため、
スペースを VR で閲覧している場合は表示されないことに注意してください。 


タグを作成する



1.my.matterport.comに移動し、編集するスペースを開きます。

2.[編集] をクリックして編集モードに切り替えます。

3.右側のパネルで、[タグ] アイコンをクリックします。
スペースにすでにタグがある場合は、サイドバーに表示されます。
サイドバー リストでタグをクリックすると、3D モデル内のタグの正確な位置に移動します。

4.プラス アイコンをクリックして、新しいタグを追加します。
これにより、カーソルがディスクとステムに変わり、
タグのアンカー ポイントを設定するために使用できる配置球に囲まれます。


5.タグを追加する正確な場所をクリックします。
この場所はアンカーポイントとも呼ばれます。
タグは、選択したメッシュ、または選択したオブジェクトに
最も近いスキャン可能なポイントにテザリングされます。
タグの位置を変更する場合は、アイコンの中央にある濃い灰色の円をクリックし、
タグを目的の新しい場所にドラッグします。タグの詳細を指定できるサイドバーが開きます。

6.[タイトル] フィールドに、最大 60 文字のタイトルを入力します。

7.[説明] フィールドに、最大 1,000 文字の説明を入力します。
たとえば、潜在的な関心領域を説明したり、特定のアイテム、
機能、または部屋がユニークである理由を説明したりできます。 

8.説明内にハイパーリンクを追加するには、リンクにしたいテキストを強調表示し、
[説明] ボックスの左下にあるチェーン リンク アイコンをクリックします。
URL を入力し、[保存] をクリックします。
次の詳細に注意してください。

・タイトル フィールドに URL を埋め込むことはできません。
・スペースの MLS 対応バージョンを共有すると、タグ内のすべてのリンクが削除されます。
詳細については、スペースをパブリックに共有する方法の記事を参照してください。 

タグの外観をカスタマイズする



タグが視聴者にどのように表示されるかを制御するには、次のように構成できます。

・タグの色。デフォルトでは、タグは紺色です。
・ステムの長さ。デフォルトの長さは 1 フィート (30 センチメートル) です。
・ステムが表示されるかどうか。デフォルトでは表示されます。
・タグが使用するアイコン。デフォルトでは、アイコンは表示されません。 
次のスクリーンショットは、拡張ステムの例を示しています。


タグの外観をカスタマイズします
1.タグの色を変更するには、サイドバーの [外観] セクションの下にあるドロップダウン メニューを使用します。


2.ステム設定を更新することもできます。
これにより、タグの説明とテザリングされているメッシュの間の距離を増減できます。
これを使用して、特定のタグに注目を集めることができます。
長いステムはビューアに向かって飛び出し、タグに向かって誘導します。
ステムの長さを変更するには、サイドバーの [外観] ヘッダーの下にあるスライダーを使用して、
必要なステムの長さを選択します。


3.ステムを完全に非表示にするには、[ステムを表示] チェックボックスをオフにします。 

4.500 を超えるオプションのライブラリからアイコンを選択できます。
[外観] ヘッダーの下にあるドロップダウン メニューをクリックして、使用するアイコンを選択します。
アイコンのカテゴリを参照するか、キーワードで検索して、探しているものを見つけることができます。


次のスクリーンショットは、モデルでタグ アイコンがどのように見えるかを示しています。


タグの並べ替え


タグが表示される順序をカスタマイズできます。
デフォルトでは、タグは開始位置からの距離の順に並べられ、
その後に次に近いタグまでの距離が続き、ポイントからポイントへのスムーズなパスが作成されます。
ただし、モデルの所有者は、タグが閲覧者に表示される順序を変更できます。

これを行うには、タグ アイコンをクリックして、タグを一覧表示するサイドバーを開きます。
[並べ替え] をクリックし、タグを目的の順序にドラッグ アンド ドロップします。
[完了] をクリックして変更を保存します。


タグを使用して 360° ビューを追加する



スペースに 360° ビューを含める」の記事で説明されているように、
ショーケースに 360° ビューを追加できますが、真の 360° パノラマを追加することは、
システムが自動的に配置しようとするため難しい場合があります。
これにより、360° ビューがショーケースの間違った場所に追加される可能性があります。 

360° ビューをより正確に配置するには、
タグとサードパーティの画像ホスティング サイトを使用して、
スペース内の任意の場所に 360° 写真を追加します。

360° ビューの 360° スナップショットを撮る

1.my.matterport.com にアクセスして、アップロードされた 360° ビューを含むスペースを開きます。

2.[編集] をクリックします。

3.右側のツールバーの 360° ビュー アイコンをクリックし、使用する 360° ビューを選択します。

4.右側のツールバーにある [写真] アイコンをクリックします。

5.画面上部の [パノラマ] オプションを選択します。



6.マウスまたは矢印キーでパンして、スナップショットをフレーミングします。
360° は非常に広いため、環境全体の一般的な範囲を実際にキャプチャするようにしてください。

7.写真を撮るには、ページの中央にあるカメラ アイコンをクリックします。

8.画面の右下に表示される [写真が保存されました] メッセージで、[表示] をクリックします。 

9.イメージを確認します。スナップショットの名前を変更したり、
削除したり、ダウンロードしたりできます。[ダウンロード] をクリックして、ハード ドライブに保存します。

ショーケースに 360° ビューを追加する

1.使用する 360° 写真をまだダウンロードしていない場合は、ダウンロードします。 

2.360° 写真をサポートする Web サイトに移動します。momento360.comをお勧めします。

3.アカウントを作成する。 

4.360° 画像をアップロードします。

5.共有アイコンをクリックし、[リンクを共有または埋め込む] オプションを選択します。 

6.リンクの URL をコピーします。 

7.編集モードで Matterport スペースに戻る。

8.360° ビューを表示する正確な場所に新しいタグを作成します。

9.コピーした URL をメディア リンクとして追加します。タグ内に 360° が表示されます。

360° をフルスクリーンで表示したい場合は、メディア リンクではなく、
画像の URL をリンクとしてタグに追加できます。
これにより、スペースへの訪問者がクリックして 360° 画像を
フルスクリーン モードで開くことができるクリック可能なリンクが作成されます。

    • Related Articles

    • マーターポートクラウド、ワークショップ、3Dショーケースとは?

      最終更新日:2020年11月21日 03:18 空間をスキャンした後に、3Dモデルを管理、編集および視聴する上で、 マーターポートは3つのツールを提供します。 マーターポートクラウド マーターポートクラウド(my.matteport.com)は、マーターポートによる3Dモデルをホストして 管理するためのウェブポータルです。 マーターポートクラウド上から、3Dモデルの名前の変更やフォルダー内での管理、 また詳細な統計値を取得したり、コラボレータを招待することに加え、 ...
    • ワークショップ内で2Dスナップショットを撮影するための最も効果的な方法

      最終更新日:2020年6月28日 17:31 始める前に マーターポートワークショップ内で2Dスナップショットを撮影してダウンロードする方法を学習する上で、 下記のヘルプセンターからの記事を参照して下さい:   1.         写真や2Dスナップショットの撮影   2.         2Dスナップショットのダウンロード 方法 垂直線と水平線を真っ直ぐに保つ   2Dスナップショットを撮影する際に、垂直線と水平線の全てが平行であるべきだという点を覚えておきましょう。 ...
    • 新しいワークショップ3.0の特徴:トランジションのタイプとパン方向の変更

      最終更新日:2020年12月10日 19:05 私たちが提供する最新のMatterport Workshop 3.0は、 Highlight Reelツールを使用してGuided Tourを、よりマニュアル制御できる新しい機能が利用可能になります。 そこから、Reelの各スナップショットにつながるTransitionタイプを変更したり、 カメラを左から右に(またはその逆に)パン設定したりできます。 これらの新機能を利用する方法については、以下の手順を参照してください。 ...
    • 2つ以上のスペースをMattertagでディープリンク接続する

      多くの理由で、1つのスペースで複雑なプロパティをスキャンすることは不可能な場合があります。 ただし、2つ以上のMatterportスペースをMattertagsおよびDeep Linksで接続して、 あるスペースから別のスペースにツアーを続行できるようにする方法があります。 このプロセスでは、2つのドールハウスを1つにまとめることはありませんが、 1つのショーケースリンク(メインプロパティリンク)だけでツアーを共有できます。 ...
    • マルチメディア(画像・動画・音声)をタグに追加する

      タグ内のマルチメディアは、スペースを活性化し、 視聴者にスペースの完全な体験を提供するのに役立ちます。 スペースの必要に応じて、画像、オーディオ、およびビデオを追加できます。 一般的なタグの詳細については、Matterport スペースにタグを追加するの記事を参照してください。 Notes と同じように、任意のファイルをマルチメディア タグとして添付できます。 追加した添付ファイルは、組織としての合計ホスティング制限にカウントされます。 ホスティングの制限は、プランによって異なります。 ...