Matterport アプリでモデルを復元、表示、編集する

Matterport アプリでモデルを復元、表示、編集する

この記事では、現在 iOS バージョン 5.0 および Android バージョン 2.0 で利用可能な
Matterport アプリ (以前は Capture と呼ばれていました) の新機能について説明します。

新着情報

Captureアプリは、単にキャプチャするだけではありません。
Matterportアプリと呼ばれるようになり、スキャンだけでなく、
加工した空間のクラウドベースでのビュー、編集、管理にも利用できるようになりました。

・接続したカメラやモバイル端末のカメラで、これまでと同じように空間を撮影・作成します。

・モバイルブラウザの別ウィンドウを開くことなく、クラウド上でスペースの管理・検索が可能。

・モバイルアプリからスペースをアーカイブし、削除することで、
 有効なスペースの範囲内にとどめることができます。

・ショーケースに組み込まれたビューで、加工されたスペースを直接表示し、
 操作することができます。
 注記機能(ノート)を使ってのコラボレーションや、寸法の追加などが可能です。

・編集モードでは、組み込まれたワークショップを使用して、スペースの準備とカスタマイズを行います。
 開始位置の設定やスキャン位置の非表示などが可能です。

・クラウドからモバイルデバイスにオリジナルのスキャンデータを復元し、
 既存のスペースを更新または変更することができます。

・モバイルプラットフォーム間でキャプチャジョブを復元できます。
 ※iOSとAndroidのプラットフォーム間でジョブを復元することが初めて可能になりました。

ローカルビューとクラウドビュー

Matterportアプリの画面下部を更新しました。
スキャンジョブ(現場で取り込んだ生データ)は、ジョブタブに表示されたままです。
これは、アプリの以前のバージョンで見たものと全く同じです。
アプリケーションのアップデート後も、
モバイルデバイスに保存されている以前のデータはすべてここにあります。

中央の新しいSpacesタブには、
クラウド(my.matterport.com)アカウントに存在する、処理済みのスペースが表示されます。
Spacesタブにコンテンツを表示するには、アクティブなインターネット接続を行い、
サインインしている必要があります。


「設定」アイコンでは、複数の組織に所属している場合の組織の切り替え、
Matterportカメラのファームウェアのアップデート、
アプリの操作方法のカスタマイズを行うことができます。

空間タブの使い方

空間タブから、アクティブなスペースをタップすると、
ショーケースに組み込まれたウィンドウでそのスペースが開きます。
これは、別のブラウザで開いたときとまったく同じビューですが、
アプリから離れる必要はありません。

また、アクティブなスペースのメニューを展開すると、追加のアクションにアクセスできます。
次のスクリーンショットは、リバティメモリアルのスペースに対するこれらのオプションを示しています。


出来ること:
・ワークショップで編集する。
 開始位置を設定し、共有のためのスペースを準備することができます。
 このメニューは、管理者、モデルオーナー、編集権限を持つコラボレーターとして
 スペースの編集権限を持っている場合のみ表示されます。
 ビューのみのコラボレーターは編集できません。

・スペースをアーカイブする。
 スペースを非アクティブにすることで、アカウントのアクティブなスペースの制限内に
 収めることができます。
 古いクラシックアカウントにはアクティブスペースの制限がないため、
 このメニュー項目は表示されません。

・ジョブデータを復元する。
 このオプションは、処理されたスペースからモバイルデバイスに
 オリジナルのスキャンデータを戻します。
 スキャンの追加、削除、置換などの修正を行い、再アップロードして
 新しい処理済みスペースを作成することができます。

現在アーカイブされているスペースについては、メニューのオプションはアクティベートのみです。
これにより、編集、共有、モバイルデバイスへのスキャンデータの復元が可能な、
完全に機能する状態に戻ります。


アプリにモデルを復元する

「空間」タブから、Matterportクラウド(my.matterport.com)に
アップロードしたモデルのビューと復元が可能です。
これにより、通常のようにクラウドにアップロードするだけで、
簡単にデータのバックアップを保存することができます。
アップロードしたデータは、アプリからでもmy.matterport.comからでも、
サインインすればどこでも利用可能です。

しかし、生のスキャンデータをハードドライブや
他のストレージに保存する必要がある場合もあります。
Matterportアプリでエクスポート機能を使用する方法の記事で説明されている手順に従ってください。

Matterport クラウドからモデルを復元したい場合:

・スキャンポイントの追加、更新、既存のスペースの変更。

・新しいデバイスにアップグレードする際にジョブを転送する。

・iOS デバイスから Android デバイスへの切り替え。
 復元機能により、プラットフォーム間でジョブを初めて復元することができます。

・別のデバイスを使用して、自分が中断したところから同僚にスキャンを再開してもらう。

クラウドからモデルを復元する際の注意点:

・インターネットに接続されているか、モバイルデータを使用している必要があります。

・編集モードで処理したモデルに加えた変更(タグの追加など)は、
 スペースを再アップロードする際に再実行する必要があります。

・他のアプリに切り替えてもダウンロードが継続されるように、
 デバイスでバックグラウンドアプリ更新(iOS)または
 バックグラウンドデータ使用(Android)が有効になっている必要があります。

・デバイス上でモデルに編集を加えた場合、再アップロードすると、新しいモデルが作成されます。

モデルを復元する 

1,モバイルデバイスで Matterport アプリを開いてください。
2,モデルがアップロードされたアカウントにサインインしていることを確認してください。
どのアカウントにサインインしているかを再確認するには、
「アカウント」タブに移動し、名前、メールアドレス、組織名が表示されていることを確認します。
アカウントを変更する必要がある場合は、名前をタップして組織を変更するか、サインアウトしてください。
3,「スペース」タブに移動します。
4,検索ボックスまたはフォルダを参照して、復元したいモデルを探します。
 現在、モデルの検索(名前、説明など)のみ可能で、フォルダの名前は検索できません。
restore a model.png

5,復元したい機種の横にある3つの点をタップし、「ジョブデータの復元」を選択します。
restore job data.png

ダウンロードキューにモデルが表示され、ダウンロードの進行状況を確認することができます。
ダウンロードキューを閉じて、再度確認したい場合は、画面右上の下向き矢印をタップすると、
進捗状況を確認できます。一度に復元できるのは1機種のみです。
復元に失敗した場合は、ダウンロードをキャンセルしてから、再度ダウンロードを開始してください。
downloading.png

モデルがデバイスにリストアされると、アプリのジョブタブに表示され、
デバイス上の他のジョブと同様に作業することができます。
サムネイル画像の横にある小さな青い点は、アプリが復元されたスキャンを調べ、
ミニマップを再構築するための1回限りの処理ステップを必要とすることを示します。

blue dot.png

他のアプリに切り替えたり、デバイスの電源を切ったりしてはいけません。
そうしないと、次にこのスキャンジョブを開いたときに、このプロセスを繰り返さなければならなくなります。
これは、生のスキャンデータをダウンロードした直後に発生する1回限りの動作です。
特に大きなモデルの場合、このステップが完了するまでに時間がかかることがあります。
数百のスキャンポイントを持つモデルがある場合、携帯電話やタブレットを接続して、
しばらくの間、他のことをする良い機会かもしれません。
この処理中は、デバイスをWiFiに接続する必要はありません。
blue banner.png

この手順が終了すると、スキャンジョブは最初にキャプチャしたときと同じように
モバイルデバイスに存在します。

タイトル、住所、その他のメモなど、処理されたスペースのメタデータに対する
クラウドベースの変更は、スキャンジョブには復元されないことに注意してください。

スキャンデータは、処理のために最初にアップロードされたものと
まったく同じように復元されるため、名前などの詳細が[スペース]タブで
表示されているものと異なる場合があります。

スキャンジョブを Matterport クラウドにアップロードせずに削除した場合、
別のバックアップ方法を使用していない限り、そのデータは復元できません。

クラウドアカウントで容量が正常に処理された後、
ローカルのスキャンジョブを削除して、モバイルデバイスの容量を空けることができます。

モデルのビューと共有
「空間」タブから、モデルをビューおよび共有することができます。
これを行うには、Matterportアプリにログインし、「空間」タブに移動します。

1,検索ボックスを使用して、復元したいモデルを検索します。
現在、検索できるのはモデル名のみで、フォルダの名前は検索できません。

2,見たいモデルをタップします。
ここからは、ブラウザからショーケースビューで見るのと同じように、
すべての詳細を見ることができます。
ブラウザのショーケースビューと同じように、編集モードで行った編集は、
アプリで見る前に公開する必要があります。

3,スペースを共有するには、共有アイコンをタップします。
アイコンは、非公開に設定されていないスペースにのみ表示されます。
プライバシー設定の詳細については、「スペースを公開する方法」の記事を参照してください。
view and share.png

4,携帯電話の共有オプションを使って、共有する相手と共有方法を決めます。
例えば、テキストで送る、メールで送る、ソーシャルメディアに投稿する、などです。


現在、モデルのショーケースビューをダウンロードして、オフラインで見ることはできません。
今後の開発計画では、この機能を追加し、
その時点でMatterportアプリがShowcaseアプリに完全に置き換わる予定です。

Matterportアプリでモデルを編集する

Matterport クラウドにスペースをアップロードした後は、
Matterport アプリから、またはブラウザから my.matterport.com にログインして
編集することができます。

あなたが行った編集は、公開するかどうかにかかわらず、
両方のプラットフォームで自動的に利用可能になります。
つまり、アプリからタグを追加し、ブラウザから my.matterport.com にログインして
Edit モードに入ると、タグはそこに存在します。

アプリからモデルを編集するには:

1,「空間」タブで、編集したいモデルを探します。

2,3つの点をタップし、「スペースの編集」を選択します。
・詳細の編集をタップすると、スペースの詳細を編集することもできます。
 詳細は、Edit Details (Metadata) の記事を参照してください。

3,スペースが編集モードで開きます。

4,利用可能な編集ツールは、下部に表示されます。
左右にスクロールすると、すべてのオプションが表示されます。

5,my.matterport.comで編集しているときと同じように、戻る矢印で編集を取り消し、
プレビューをタップして変更のプレビューを表示し、
公開ボタンをタップして変更を公開することができます。

6,スペースでの編集作業が終わったら、「完了」をタップして「空間」タブに戻ります。


よくある質問
よくある質問と回答については、FAQ: Matterport アプリとクラウドの復元についてを参照してください。




    • Related Articles

    • Matterportアプリでエクスポート機能を使用する方法

      エクスポート機能を使用すると、iOSまたはAndroidデバイスで ジョブを簡単にエクスポートおよびインポートできます。 iOS でこの機能を使用するには、Matterport アプリのバージョン 4.0.5 以降を使用する必要があります。 Android では、バージョン 1.1 以降を使用する必要があります。 エクスポート機能は、クラウド復元機能とは異なります。 エクスポート機能を使用すると、キャプチャ データをハード ドライブまたは Dropbox や Google ...
    • 詳細を編集する(メタデータ)

      最終更新日:2020年10月22日 17:07 スペース詳細ページ上のDetailsタブをクリックして下さい。 Public Detailsタブ内にて表示される全ての物が3Dショーケース内で公開されます。 この情報は、3Dショーケースの左上隅にあるAboutパネル内に表示されます。 聴衆が3Dモデルを識別して、皆さんにさらなる情報を問い合わせることを可能にする上で、Aboutパネルは最高の手段です。   Internal Details部分の情報は、マーターポートクラウド内でだけ閲覧が可能です。 ...
    • VRと図式的フロアプラン(平面図)の順序を編集する(任意)

      最終更新日:2019年9月27日 06:22 バーチャルリアリティー   VRを使用して聴衆がマーターポート3Dを視聴することが前もって分かっているのであれば、 あらかじめ自分で試してみておいた方が賢明でしょう。   必要に応じて、VR内のスキャン画像を表示、また非表示にすることで、 より優れたユーザー体験をもたらすことができます。 図式的フロアプラン   さらにマーターポートは、処理されたマーターポート空間の図式的フロアプランの順序付けをする機能を提供します。   ...
    • Matterport クラウドから請求書をダウンロードする

      最終更新日:2021年12月2日 Matterport Cloud(my.matterport.com)にログインします。 [設定]> [請求]タブに移動するか、my.matterport.com/settings/account/billingを開きます。   下にスクロールして、過去の請求書をすべて表示し、控え用に必要なPDFをダウンロードします。   このページにアクセスできるのは、請求連絡先管理者 またはアカウント所有者として指定されたユーザーのみです。 ...
    • Autodesk BIM 360内でMatterportモデルを表示および共有する方法

      最終更新日:2020年5月28日 07:47  BIM360は、ユーザーがMatterportモデルをプラットフォームに直接埋め込むことができるようにする、建設管理ソフトウェアです。 これはBIM360ユーザーがショーケース内で作成されたURLを使用して、共同編集者がモデルを表示できるようにする非常に便利な機能です。 さらに、ユーザーはMatterportディープリンクを使用して、スペースを共有するだけでなく、そのスペース内の問題の正確な場所を共有できます。    実際の例 ...