サブスクリプションをアップグレードする方法

サブスクリプションをアップグレードする方法

はじめに

以下の手順を実行する前に、次のことを確認してください。
 
1.my.matterport.com にログインします。
2.アカウント所有者または請求連絡先管理者として指定されていること。
 ・管理権限について詳しくは、こちらをご覧ください。

 

方法 

Matterport プラットフォームの
サブスクリプションプランをアップグレードする


1.Matterport アカウントmy.matterport.comにログインします。

2.<設定> をクリックします。
現在無料プランをご利用の場合は、
<アップグレード> タブに移動して <アップグレード> をクリックします。
無料プラン以外のプランをご利用の場合は、
<請求額> タブに移動して <プランの変更> をクリックします。



3.新しいクラウドプランと月額請求か年額請求かを選択します。
 ・スライダーを使い、プランに必要なアクティブスペースの数を調整します。

 

4.月額請求か年額請求かを選択します。
 ・新しいプランに対して、月額請求するには右側に切り替えます。
 ・年額請求するには左側に切り替えます。


5.プラン、アクティブスペースの数、請求頻度を選択したら、[選択] をクリックします。

6.開いたウィンドウで選択内容を確認し、変更を確認します。


 

7.プロモーションコードをお持ちの場合は、<+ 特典コードを追加>をクリックして入力します。

8.<プラン変更を確認> をクリックします。


アップグレードおよびダウングレードポリシー

サブスクリプションを変更すると、アップグレードはただちに有効になりますが、
ダウングレードは期間の終了時に実施されるため、
必要であれば (気が変わったなど) 元に戻すことができます。

アップグレードポリシー

同じ期間を対象にサブスクリプションの変更を行い、
現状よりも料金が高いプランに移行する場合
 (ある月次プランから別の月次プランに変更、または特定の年間プランから
別の年間プランに変更する場合など)、
これはアップグレードと見なされます。
一般的なアップグレードの例を次に示します。

・月次プランから年次プランへの移行
・階層の低いプランから高いプランへの移行。
 (例:Starter 20 の月次プランから Professional 20 の月次プランに移行するなど)

 ・階層の低いプランへの移行はダウングレードと見なされる点にご注意ください。
  以下のような場合が例として挙げられます。

  ・Business 125 から Professional 150 への移行はダウングレードと見なされます。
   アクティブスペースの数は増加するものの、
   上位レベル (Business)から下位レベル (Professional) への移行となるためです。

 ・プランを上位のものに変更すると、アクティブスペース数の上限が減ったとしても、
  これはアップグレードと見なされます。
  以下のような場合が例として挙げられます。

  ・Professional 150 から Business 125 への移行はアップグレードと見なされます。
   アクティブスペース数が減るものの、プランは上位へと移行するためです。

・同じプラン内でアクティブスペース数の多いものへの移行。
 Starter 10 から Starter 20 への移行が例として挙げられます。

アップグレードは、アップグレードのリクエストに伴いすぐに実行されます。
これには、新機能へのアクセスが含まれます。

サブスクリプションプランをアップグレードすると、
請求日はアップグレードが実行された日付に変更されます。
契約期間の途中でアップグレードを行った場合、
その時点での契約期間の残り時間が日割り計算されて
新しいプランにクレジットとして適用されるため、お支払い額は差額のみとなります。

例:1月1日に Professional プランの年次料金を支払い、
6月1日に Business プランの年次契約にアップグレードした場合、
元のプランに支払った金額の6か月分が新しいプランの支払い額に
クレジットとして適用されます。

年次プランから月次プランへの変更はダウングレードと見なされ、
以下にまとめられたダウングレードのスケジュールが適用される点にご注意ください。

ダウングレードポリシー

ダウングレードとは、
サブスクリプションの階層を利用料金が低いものに変更することを指します。
(例:月次の Business プランから月次の Professional プランへの移行、
または月次の Business 300 プランから月次の Business 125 への移行など)。
Professional プランを年次契約から月次契約へ変更する場合もダウングレードと見なされます。

サブスクリプションをダウングレードまたはキャンセルした場合、返金は致しかねます。
すべてのダウングレードは、現在のサブスクリプション期間 (月次または年次) が
終了した後に実行されます。

例:
請求日が各月の 1 日に設定されており、
4 月 13 日の時点では Business プランを利用していると仮定します。
4 月 14 日に、Professional プランにダウングレードすることを決めました。
この場合、4 月の最終日までは引き続き Business プランをご利用いただき、
5 月 1 日より Professional プランに移行することになります。

Professional プランと Business プランをご利用の場合、
無料プランまたは Starter プランにダウングレードすることはできません。

有料サブスクリプションをご利用になっていたアカウントをキャンセルした場合、
無料プランに再有効化することはできません。
別のメールアドレスで無料プラン用のアカウントを新規作成してください。


ダウングレード要件を満たさない場合

特定の状況下では、スケジュールされたダウングレードを実行できない場合があります。

例:
現在 Professional 50 プランのサブスクリプションをご利用中で、
契約終了日である 6 月 1 日に Professional 25 へのダウングレードをスケジュールしたとします。
6 月 1 日の時点でアカウントに 25 個以上のアクティブスペースがある場合、
アクティブスペースの数に対応可能なプランで最も近いものに
自動的にサブスクリプションが引き下げられます。

したがって、ダウングレードの日に 35 個のアクティブスペースがある場合、
Professional 25ではなく Professional 40 にダウングレードされることになります。
これは、ダウングレード当日の午前 12:00 (太平洋標準時) に評価および実行されます。

ダウングレードの開始時にこの規定がユーザーに通知されます。
アクティブスペースがASLの下にない場合は、
スケジュールされたダウングレードの1週間前に
アカウント所有者と請求連絡先にも電子メールが送信されます。

サブスクリプションを Business 125 から Business 100 に
ダウングレードする際に表示されるプロンプトの例を次に示します。
downgrade confirmation.png

このコンセプトをご理解いただくため、その他の例を以下に示しています。

現在のプラン

変更先プラン

ダウングレード要求時の アクティブスペース数

契約更新時のアクティブスペース数

更新時のコンプライアンス準拠

新しいプラン

Professional 50Professional 253025Professional 25
Professional 50Professional 254027XProfessional 30
Business 100Professional 509595XProfessional 100

スケジュール済みのダウングレードのキャンセル

ダウングレードが実行される前に元に戻す場合 (気が変わったなど) は、
次の手順に従ってください。

1.Matterport のアカウントにログインします。(my.matterport.com)
2.<設定> をクリックし、<請求額> タブに移動します。
3.<変更を元に戻す> をクリックします。
undo downgrade.png

4.確認ウィンドウで、<元に戻す> をクリックして選択を確定します。

現在のプランと以前のプラン間の
アップグレード/ダウングレード

2023 年 5 月 16 日以前に Matterport に初回加入したユーザーの方は、
アップグレードとダウングレードに関し、
以前のプランと現在のプランの比較内容に関心をお持ちかもしれません。

この情報をもとに、変更内容がアップグレードと見なされるか
ダウングレードと見なされるかを把握することができます。

この表は、以前のプランが現在のどのプランに対応しているかを示すものです。

現在のプラン

新しいプラン

Starter MonthlyStarter (月次)、アクティブスペース数 5
Starter AnnualStarter (年次)、アクティブスペース数 5
Professional MonthlyProfessional (月次)、アクティブスペース数 25
Professional AnnualProfessional (年次)、アクティブスペース数 25
Professional Plus MonthlyProfessional (月次)、アクティブスペース数 50
Professional Plus AnnualProfessional (年次)、アクティブスペース数 50
Business MonthlyBusiness (月次)、アクティブスペース数 125
Business AnnualBusiness (年次)、アクティブスペース数 125
Business Plus MonthlyBusiness (月次)、アクティブスペース数 300
Business Plus AnnualBusiness (年次)、アクティブスペース数 300
    • Related Articles

    • 月額プランと年額プランはどう違うのですか?

      最終更新日:2020年09月04日 08:30   Matterportは、スキャンを共有するユーザーの数、 およびアカウントで保持できるスペースの数によって、いくつかの支払いプランを提供しています。 サブスクリプション料金を毎月支払うか、毎年支払うかを選択することもできます。 Ⅰ.年額サブスクリプションのメリット 年額プランに登録すると、割引料金が適用されるため、 2つの支払い方法のうち費用対効果が高くなります。   年額プランは返金不可です。 ...
    • 2019年3月11日のアカウント管理の改善事項

      最終更新日:2020年7月16日 21:42 ​   2019年3月11日以降、Matterport 3D Cloudプラットフォームでのアカウント管理と請求が改善されました。 これらの変更により、チームの管理、アカウントの構成、および請求の監視が容易になりました。   Matterport が目指していることは、あなたの請求プロセスを合理化し、 アカウントの適切な人だけが財務情報にアクセスして請求メールを受信できるようにすることです。   合理化されたアカウント管理   ...
    • Matterport クラウドから請求書をダウンロードする

      最終更新日:2021年12月2日 Matterport Cloud(my.matterport.com)にログインします。 [設定]> [請求]タブに移動するか、my.matterport.com/settings/account/billingを開きます。   下にスクロールして、過去の請求書をすべて表示し、控え用に必要なPDFをダウンロードします。   このページにアクセスできるのは、請求連絡先管理者 またはアカウント所有者として指定されたユーザーのみです。 ...
    • サブスクリプションをキャンセルするにはどうすればよいですか?

      最終更新日:2021年12月2日 後日、再度アクティベートすることで、アカウント内のすべてのスペースが再び利用可能になります。 ただし、無料アカウントでは再有効化できませんのでご注意ください。 キャンセルの方法 アカウント所有者のみがサブスクリプションをキャンセルできます。 Matterportクラウドアカウントの設定ページからキャンセルできます。   1.Matterport Cloud(my.matterport.com)にログインします ...
    • Matterport価格表

      この記事では、Matterportカメラ、クラウドプラン、および追加機能の現在の価格体系と請求について説明します。 各Matterportカメラについては、弊社ホームページをご参照ください。 Pro3 または Pro2 を使用するには、Professional プラン以上が必要です。 クラシック プランでは Pro3 を使用できません。 Pro3 スキャンをアカウントにアップロードするには、現行のプランのいずれかに切り替える必要があります。 サブスクリプション価格 ...